軽減税率対策補助金 代理申請協力店(C-1型)に登録されました

軽減税率対策補助金とは?

 2019年10月に消費税率10%へ引き上げに合わせて実施される消費税軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者等の方々への補助金制度です。

 消費税軽減税率制度の実施に伴い対応が必要となる中小企業・小規模事業者等に対して、複数税率対応レジや券売機の導入や改修、受発注システム、請求書管理システムの改修等に要する経費の一部を補助することにより、導入等の準備が円滑に進むよう支援する制度です。

【C型】請求書管理システムの改修等の支援が可能です

【C型】は日頃から軽減税率対象商品※を取引しており、軽減税率に対応した請求書の発行を円滑行うために、請求書管理システムを改修・導入する事業者が対象です。

※酒類、外食を除く(外食におけるテイクアウト、宅配等は軽減税率の対象)

弊社では販売大臣NXの改修を支援します

 弊社では、「販売大臣NX」「販売大臣NXクラウド」を用いて軽減税率商品を取り扱う企業様への支援を行うことができます。導入やバージョンアップ、請求書、納品書のシステム改修等が対象となります。

補助金額

補助金上限額150万円

補助事業期間

2019年1月1日から2019年9月30日まで

  • 補助対象となる請求書管理システムの改修・導入(納入・導入日および支払の完了を含む)の期間
  • 改修・導入した上、支払いを完了した後に申請(事後申請)

軽減税率対策補助金の詳細について

詳細については、軽減税率対策補助金事務局ホームページをご確認ください。
内容は随時更新されています。必ず最新情報をご確認ください。

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

大臣シリーズ無料相談会

大臣シリーズをご利用中のお客様で、ご不便を感じていたり、もっと有効的な使い方ができないかとお考えではありませんか?公認インストラクターが活用方法のご提案を行っております。お気軽にお問い合わせください。