株式会社アステム -OA機器販売、ネットワークシステムコンサルタント-

WindowsXPのサポートが終了しました。

WindowsXPのサポートが終了しました。

公開日:2014年04月16日

かねてより告知されていた通り、マイクロソフト社によるWindowsXPのサポートが2014年4月9日(日本時間)で終了致しました。
以降、このセキュリティ更新をせずにパソコンを利用し続けることは、パソコンの脆弱性を解決できず、危険な状態になります。これは自分だけの問題だけではありません。
攻撃により個人情報が流出したり、遠隔操作をされ犯罪に巻き込まれる可能性もあるのです。

どうしても使い続ける必要がある場合は?

リスクはわかっていてもやむを得ず使い続ける必要がある場合、できるだけ安全性を高めなければなりません。

最新のWindowsUpdateを適用する

4月9日に最後のWindowsUpdateが公開されています。必ず適用しておきましょう。

IEなどのブラウザを最新版にする

IE(Internet Explorer)を使用している場合は最新版をインストールしておきましょう。古いブラウザは攻撃を受けやすくなります。また、FlashPlayerやAdobe Reader、Javaなども最新にします。IEは利用者が多く、攻撃を受けやすいとも言われています。FireFoxやGoogleChromeなどIE以外のブラウザを使うのも一つの方法です。ただし、他のブラウザもいずれXP対応がなくなる可能性は高いでしょう。

セキュリティソフト

常に最新の状態で使い続けることは重要です。これもいずれはXPは未対応になると思われます。ウイルス定義の適用はこまめに行いましょう。

インターネットの利用を控える

ほとんどのウイルスや脅威はインターネットを通じてやってきます。ブラウザを開かなくてもパソコンが起動しているだけで攻撃を受けることもあります。必要のない限りインターネットへの接続ケーブルを抜いておきましょう。

周辺装置の利用にも注意

インターネットに接続しないからといって安心とは言えません。USBフラッシュメモリやCD、MO、フロッピーディスクなどの外部周辺装置からのウイルス感染も危険です。使わなければならない場合はウイルスチェックを十分に行ったものを使いましょう。

マイクロソフトサイトもチェック

マイクロソフトサイトのよく寄せられる質問 もよく読んでおきましょう。

できるだけ早く最新OSのパソコンへ移行しましょう。

今後、XP対応製品は徐々になくなっていくでしょう。アプリケーション、ウイルス対策ソフト、プリンタドライバ、周辺機器など、徐々に使用は制限されていきます。新しいパソコンで安心して業務が続けられるように、できるだけ早い対応が望まれます。

bnr_win8

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

« »