株式会社アステム -OA機器販売、ネットワークシステムコンサルタント-

【No.KY0011】年次更新をするには?

FAQ

【No.KY0011】年次更新をするには?

公開日:2015年01月07日
最終更新日:2015年01月19日


Q.年が変わったので、年次更新をして翌年用のデータを作成したい。

A.年末調整後、翌年用のデータを作成するために「年次更新」を行います。

1.メインメニューから[特殊処理]-[年次更新]をクリックします。

【年次更新処理で行われること】

  • 新しい年のデータを作成する。
  • 年末調整データと各マスターデータを翌年用のデータに転送する。
  • 「住民税納付先」の市区町村コードを自動更新する。
  • 中途入社社員の「中途入社区分チェックマーク」をはずす。
  • 前年度に退職した社員マスターデータを抹消する。
  • 今年度に退職した社員の社員マスターデータに関して、抹消するか否かの設定を行う。
  • 「家族登録」の扶養区分を更新する。
  • 「家族登録」の情報を、「社員登録」の扶養情報に転送する。

KY0011-1

■退職社員

退職社員については、来年度の「遡及処理」「労働保険」で今年度の退職社員に対しても処理を行う場合等あるため、抹消しない設定が可能です。F5[退職社員]ダイアログで確認してください。

■年末調整

支払額、控除額が毎年ほぼ一定している項目に対して、今年度の年末調整データを翌年度の年末調整データに持ち越すか否かを設定します。持ち越す項目にチェックを付けてください。

■扶養情報

[人事管理]-[家族登録]に登録されている扶養区分を更新したり、[社員登録]の扶養者情報に転送する設定をします。

・更新する・・・[家族登録]に設定されている家族の扶養区分を生年月日から計算し更新します。
・家族登録の情報を、社員登録の扶養者情報に転送する・・・生年月日から更新された情報を[社員登録]の扶養者情報に転送します。

【注意】[家族登録]を使用していない場合、「家族登録の情報を・・・」にチェックを入れると[社員登録]の設定内容が消えてしまいますのでご注意ください。

2.確認が終わったら[開始]ボタンをクリックします。

扶養者情報にチェックが付いていた場合、確認画面が表示されます。チェックがない場合は3.次の手順に進んでください。

KY0011-3

[OK]をクリックすると、扶養者情報ダイアログが表示されます。

KY0011-4

「現在の設定を表示」にチェックを入れると、上段に更新後、下段に現在の設定が表示されます。

KY0011-2

  • 赤・・・[家族登録]において、年齢・続柄から判定した扶養区分と設定されている扶養区分が一致しない。
  • 青・・・年次更新後の処理年度で、扶養区分が年齢のため変更される家族がいる。
  • 緑・・・[家族登録]の扶養区分の変更はないが、[家族登録]と[社員登録]の扶養情報が一致しない。

赤色、または青色の社員を指定し、F9[家族詳細]をクリックすると、変更内容を詳しく確認することができます。

KY0011-8

扶養者情報を確認後、[閉じる]ボタンで扶養者情報画面を閉じます。

3.年次更新を開始(続行)するか確認メッセージが表示されます。そのまま年次更新を続ける場合は「OK」ボタンで続行します。「キャンセル」をクリックすると年次繰越を中止します。

KY0011-5

「年次更新は完了し、平成○年度のデータが作成されました」のメッセージが表示されれば年次更新は終了です。終了後、新年度のデータを開きたい場合は[特殊処理]-[データ変更]から処理年度を選択してください。

KY0011-7

 

【既に年次更新を行っていた場合】

給与大臣では年次更新は基本一度しか行いません。再度年次繰越を行うと、既にあるデータは削除されます。新年度データで何もまだ入力していない場合は年次更新して頂いても問題ありません。既に新年度データがある場合は下記のメッセージが表示されますのでご注意ください。

KY0011-6

 

 

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの FAQ は役に立ったと言っています。

« »