株式会社アステム -OA機器販売、ネットワークシステムコンサルタント-

【No.EX0004】フリガナを別のセルに表示したい

FAQ

【No.EX0004】フリガナを別のセルに表示したい

公開日:2013年12月25日


Q.フリガナを別のセルに表示する関数は?

A.フリガナをもう一度入力することなく、「PHONETIC関数」を使ってフリガナを取り出すことができます。

フリガナを表示したいセルにアクティブセルを移動し「数式」タブ-「関数の挿入」画面を開きます。「関数の分類」を「情報」にし、関数名から「PHONETIC」を選択します。EX0004-1

 関数の引数には漢字が入力されているセルを選択します。
EX0004-2

これでフリガナが表示されます。オートフィルで以降のセルにも関数をコピーします。

 また、フリガナは文字種を「全角カタカナ」「半角カタカナ」「全角ひらがな」に変更することができます。
「ホーム」タブ-「フォント」エリアから「ふりがなの設定」ボタンをクリックします。
EX0004-3

種類を選びます。
EX0004-5

選んだ文字種のフリガナが表示されます。
EX0004-6

※PHONETIC関数は、セルに入力された読みを取り出す関数であるため、他のアプリケーションで作成したCSVやテキストファイルなどでは利用することができません。

正しい読みで入力されておらず、フリガナが正しくない場合は、フリガナの修正も可能です。
「ホーム」タブ-「フォント」エリアから「ふりがなの表示」をクリックします。
EX0004-7

 表示されたフリガナをダブルクリックするとカーソルが移動します。正しいフリガナを入力してください。
EX0004-8 

修正したフリガナをPHONETIC関数でも表示します。
EX0004-9

  

このFAQは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの FAQ は役に立ったと言っています。

« »