株式会社アステム -OA機器販売、ネットワークシステムコンサルタント-

Windowsサーバ
windows_server

Windows Serverとは?

Microsoft社が提供するWindows系のサーバコンピュータ向けOS製品シリーズ。用途や規模の応じて複数のエディションが用意され、特定の機能に特化した専門製品も存在しています。企業内ネットワークで利用されるサーバを念頭に開発されているため、高い安定性があり、管理用ソフトウェアも多く含まれています。

主な種類として「ファイルサーバ」「データベースサーバ」「プリンタサーバ」「Webサーバ」「メールサーバ」等があげられます。

Windows Server 2012 の利点

最新のWindows Server 2012は数多くの新機能と機能強化を提供しており、仮想化、ネットワーク、ストレージ、クラウドコンピューティング、自動化などの可能性を大きく広げます。また、コストも削減されており、新しいレベルのビジネス価値を生み出すIT運用が可能になります。

エディションと概要

エディション最適な用途高レベルの機能の比較ライセンスモデル
Datacenter 高度に仮想化されたプライベートおよびハイブリットクラウド環境 Windows Serverの全ての機能(無制限の仮想化インスタンスを含む) プロセッサ+CAL*
Standard 低密度または仮想化されていない環境 Windows Server のすべての機能 (2 つの仮想インスタンスを含む) プロセッサ + CAL*
Essentials スモール ビジネス環境 シンプルなインターフェイス、クラウド ベースのサービスへの構成済み接続、仮想化権限なし サーバー (25 ユーザー アカウントの制限)
Foundation 経済的な多目的サーバー 仮想化権限のない汎用サーバー機能 サーバー (15 ユーザー アカウントの制限)

*CALとは、サーバに直接または間接的にアクセスするすべてのユーザーまたはデバイスに必要です。

構築サービス

お客様のご要望に応じて、Windows Serverの構築を行います。高い技術とノウハウを持った専門のスタッフが最適なソリューションをご提案。導入後の運用管理サポートもお任せください。