仮想化とは?

 1つのコンピュータ上で疑似的に複数のコンピュータが稼働しているようにシステムを構築し、CPUやメイン・メモリー、通信機能などのハードウェア・リソースを分割する技術。
 この疑似的なコンピュータ一つ一つを仮想マシンと呼びます。

 それぞれの別のOSやアプリケーションを導入できるため、サーバの統合などで利用されています。

 仮想化マシンを使用するには、仮想化ソフトを利用します。その中でも信頼と実績を誇る「VMware社」の仮想化ソフトをご提案いたします。

vmware_server_01

仮想化でTCO削減

 仮想化を行うことにより、リソースやアプリケーションの効率性と可用性が向上します。 「1 台のサーバに 1 つのOS」という従来の概念を排除して「1台のサーバ上で複数の仮想OS」を実行します。これにより

  1. 設置スペースの縮小化
  2. ハードウェアメンテナンス費用の削減
  3. 消費電力の削減

が可能です。

 VMware仮想化のメリット

 VMwareの仮想化ソリューションは、本番環境における実績の上に構築されています。
 既存のITへの投資を活用しながら、デスクトップからデータセンターまでを網羅するソリューションを構築することが可能です。
 VMwareのみが、仮想ビジネスインフラストラクチャソリューションの主な要件を満たすことができます。

  1. 実績のある堅牢な基盤上に構築されている
  2. 共有 IT サービス用のプラットフォームを提供できる
  3. 仮想化およびクラウド管理のための完全なソリューションとなる
  4. IT インフラストラクチャ全体をサポートしている
  5. 多数の顧客の導入事例で効果が実証されている

仮想デスクトップ構成例

 VMview

 メーカーサイト:http://www.vmware.com/jp/ 

各種商品に関するご質問等はこちらへお問い合わせください。092-261-7400受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

問い合わせ先はこちら

サーバー仮想化のお悩みはございませんか?

仮想化とは何か?導入するメリットとは?
そんなお悩みをお持ちでしたらぜひ一度ご相談ください。